食事や栄養バランスで薄毛対策するには?

育毛剤とともに行いたい、生活習慣の改善

髪の抜け毛や薄毛が気になってくると、すぐに育毛剤などで対策しなければ!と考えてしまいがちですよね。
頭皮環境を改善する育毛剤は効果のあるものですが、日頃の生活習慣を見直すこともとても大切!
髪の毛や皮膚を作る栄養素をきちんと摂らないと、いくら育毛剤を使用しても効果が薄れてしまうんです。
薄毛の育毛対策にはどういった食事が良いのか、髪の毛に良い成分・控えたいものと共に紹介していきます。

食事で育毛対策!最も大切な栄養素は?

髪の毛は”ケラチン”という、アミノ酸が18種類も結合して出来るたんぱく質によって作られています。
つまりたんぱく質をしっかり摂取することは必須!薄毛対策には最も大切な栄養素と言えます。

しかし、たんぱく質だけを摂取すれば良い訳でもありません。
例えばたんぱく質を!と肉ばかり食べると、脂質も多く毛穴を詰まらせてしまうなんてことも。
きちんと消化吸収するにはビタミンやミネラルも必要ですし、栄養素を届けるために体の血行を良くすることも大切です。

またダイエット等で食事自体が少なく、栄養が足りないのも薄毛の原因に。
人間の体は生命維持のために優先順位をつけて栄養素を運ぶので、末端にある髪の毛はどうしても順位が低くなってしまいます。食事からの栄養が少なければ髪の毛や頭皮に栄養が行かず、薄毛になってしまうのも不思議ではないんですよ。

育毛対策になる食材とNGな食材とは?!

髪に良い栄養素

では具体的に髪の毛に良い栄養素と、代表的な食材を挙げていきます。

①たんぱく質
肉・魚・卵・乳製品・大豆製品に多く含まれているので、これらを日々バランス良く食べましょう。
育毛対策としてオススメなのが大豆製品とアジやサバなどの青魚!
特に大豆には”イソフラボン”という女性ホルモンに似た作用のある成分が含まれるので、女性の薄毛対策には欠かせないもの。脂質も少ないので、コレステロール値の心配も不要です。
豆腐や納豆、豆乳などを毎日摂取したいですね。

青魚に含まれるDHAやEPAといった不飽和酸の脂も、血液をサラサラにしてくれます。
抗酸化作用も高いので、積極的に食べたい食材です。手間がかかると敬遠しがちなから、缶詰やサプリの利用しても!

②ビタミン類
ビタミンA,E,P・・・血行を良くして、抜け毛予防に効果あり
緑黄色野菜やゴマ・ナッツ類、玄米や柑橘類に多く含まれています。
サラダにしたり、白米を半分玄米に代用するのもオススメです。

ビタミンB群・・・頭皮の新陳代謝を高める
豚肉・レバー・鮪・青魚・大豆等

③亜鉛
髪の毛を作る大事な栄養素である亜鉛は、海のミネラルと呼ばれ男性の育毛剤にもよく使用されています。
牡蠣・レバー・青魚などに含まれています。
ここでも登場する青魚は、育毛対策にも優秀な食材ですね。

④コラーゲン
髪の毛にハリやツヤを与えるコラーゲンは、体内のたんぱく質の30~40%を占めるもの。
納豆・オクラ・蓮根・オクラといった、ネバネバした食材から摂取できます。

NGな食品

逆に控えたいものは、塩分・糖脂肪分の高いものや、辛さなどの刺激の強い食べ物。
アルコールも飲み過ぎると肝臓に負担がかかり、たんぱく質が作れなくなってしまいます。

健康に良い食事をすることが、育毛対策にもなっているのが分かりますね。
育毛対策のため、栄養バランスが取れているか今一度見直してみましょう。

投稿日:

Copyright© 女性の育毛剤 口コミや効果でオススメなのはどれ?【わたしの育毛剤選び】 , 2018 All Rights Reserved.