育毛剤の効果的な使い方。期間はどれくらい使用すればいい?

いつ育毛剤を使用するかが大切

育毛剤の効果を一番感じることのできる使い方とは、育毛剤を使うタイミングを誤らないことです。
育毛剤を使うタイミングとしては、お風呂上り、朝の髪形を整える前という2回になります。
育毛剤の特別な指示がない限りは、育毛剤を使う時には、このタイミングを守るようにすることが大切です。
逆に言うなら、このタイミングを守らないのであれば、育毛剤の効果を十分に感じることはできないでしょう。

なぜ、このタイミングでの使用が育毛剤の効果を感じやすいのでしょうか?
育毛剤の中には、頭皮や毛根の栄養補給というタイプのものがあります。
このようなタイプの育毛剤が効果を発揮するには、頭皮や毛穴がキレイである必要があります。
例えば、毛穴に皮脂が詰まっているのであれば、育毛剤にどれほど良い成分が含まれていたとしても、その栄養成分が毛根まで届くことはありませんので、育毛剤の効果はほとんど無くなってしまうということになります。

また、お風呂上りの頭皮は非常に柔らかくなっていますので、頭皮への栄養補給という面でも風呂上りに育毛剤を使用することは効果的と言えます。
髪の毛を乾かしてから育毛剤を使用しましょう。
その際には、ドライヤーで頭皮を乾燥させないように注意してください。

そして、もう1回育毛剤を使用するタイミングは朝のお出かけ前になります。
髪形を整える前に育毛剤を使用するようにしましょう。
特に整髪料などを使用する方は、整髪料を使う前にきちんと育毛剤を使用し、その後にスタイリングを行なうようにしましょう。

育毛剤はどのくらい使うと効果が現れる?

育毛剤の効果を感じるためには、少なくとも6カ月は使用し続けることが必要です。
これは、ほとんどの育毛剤に説明として書かれていることで、商品によっては1年間という記載があるものもあります。
育毛剤を使い始めたということは、すでに薄毛や抜け毛の症状が現れていると思われますので、焦る気持ちがあると思いますが、育毛剤を使ってすぐに効果が出てくるわけではありませんので、使い続けるようにしましょう。

では、育毛剤の効果を感じるのに、なぜこれほどの時間が必要なのでしょうか?
髪の毛には、髪の毛が生えて抜け落ちるという一連のサイクルというものがあります。
一番長い期間が成長期と呼ばれる期間で、4年から6年ほどと考えられています。
その後、髪の毛は退行期という期間に入り、この期間は2週間から3週間とされています。
その退行期が過ぎると、髪の毛は休止期に入り、この期間は3カ月から4カ月ほどとされています。

この退行期と休止期を合わせると、約4カ月から5カ月になりますので、育毛剤の効果を確認するためには、この期間は最低限必要になるわけです。
この期間に加えて、頭皮の環境も悪くなっていることが考えられますので、この頭皮改善のための期間も必要になります。
環境改善には時間がかかるものなので、やはり2カ月ほどは最低でも必要になるでしょう。
状況が悪い場合には、さらに時間が必要になります。
ですから、育毛剤の効果が表れるまでには最低でも半年、通常であれば1年という時間が必要になりますので、この期間にあきらめて育毛剤を使うのをやめないようにしましょう。

投稿日:

Copyright© 女性の育毛剤 口コミや効果でオススメなのはどれ?【わたしの育毛剤選び】 , 2018 All Rights Reserved.