育毛剤の界面活性剤って何?

育毛シャンプーの成分を見ていると、界面活性剤というものがあります。
界面活性剤とは、簡単にいうと水と油のように容易に混ざり合わないものを良く混ざった状態にするための成分と言えます。
例えば、卵の黄身は代表的な乳化、つまり混ざりにくい2種類の物質を混ぜ合わせる作用のあるもので、マヨネーズなどに使われることで油と水が混ざり合うことができるようになっています。

同様の効果がある界面活性剤が育毛シャンプーなどでたしかに使われています。
この界面活性剤があるために、シャンプーを使うことで皮脂や汚れを取り除くことができます。
一時はこうした洗浄能力のみに注目することで、シャンプーで洗浄力が特に高い石油系の界面活性剤が使われていた時もありました。
しかし、洗浄力が高すぎるために、逆に頭皮にダメージを与えてしまうということが多く報告されるようになり、違う界面活性剤が使われるようになってきました。

近年シャンプーで使用されている界面活性剤は、アルコール系・石鹸系のものになります。
石油系よりは洗浄力が劣るものの、それでもまだ洗浄力が高いために、頭皮の乾燥や肌荒れなどを引き起こしてしまうケースもあるようです。
それに対して、育毛シャンプーなどで使われている界面活性剤は、アミノ酸系のものになります。
洗浄力は先ほどのものよりも劣りますが、頭皮の乾燥やダメージも非常に少なく、アミノ酸でできている髪の毛と同じ成分になりますので、髪の毛にもとても優しいタイプになります。

投稿日:

Copyright© 女性の育毛剤 口コミや効果でオススメなのはどれ?【わたしの育毛剤選び】 , 2018 All Rights Reserved.