女性用育毛剤の特徴。男性用との違い

育毛剤といっても、どれを選べばいいのか分からない

薄毛や抜け毛を実際に実感するまで、女性にとって育毛剤の存在はあまり身近ではありません。
いざ選ぶ段階になると種類も色々あり、通販限定商品も多いので手にとって確認出来ないのも不安です。
「どれを選ぶべきか非常に迷ってしまう!」
そんな時に自宅にパートナーの使用している育毛剤があったら、まずはそれを試してみたくなる人もいるのではないでしょうか。

もちろんそれほど多くはないものの、男性女性どちらでも使用することのできるという育毛剤もありますが、この場合には薄毛の原因が男女で一致している場合になります。
しかしほとんどの商品は男性用と女性用となっており、結論としては女性は男性用を使用しない方が良さそうです。

女性用と男性用の育毛剤の違いについて

男性用の育毛剤と女性用の育毛剤の違いは育毛剤に含まれている成分です。
なぜ成分が異なっているかというと、男性の薄毛の主な原因と女性の薄毛の原因が異なっているからです。
原因が異なれば、当然薄毛治療を行うアプローチ方法が異なってきます。

女性の場合は加齢や出産により女性ホルモンのバランスが崩れること、生活習慣の乱れやストレスも大きく影響しています。
また男性のように完全に毛が抜けてしまうのではなく、頭頂部や生え際を中心に全体的に薄くなっていくのが特徴。
これは生活習慣や老化により血流が悪くなり、毛根に栄養が行き渡らなくなっているからで、その結果毛髪自体が細くなるので髪のボリュームも失われてゆくのです。

では、男性の薄毛や抜け毛の主な原因はどんなものでしょうか?男性の薄毛や抜け毛の症状として多いのは、頭頂部やおでこの生え際の髪の毛が少なくなっていくというものです。男性もストレスや生活習慣の影響も受けますが、前頭部のいわゆるM字に薄くなる状態は男性ホルモンの影響によるもので、全体的に髪の毛が薄くなるというよりも、部分的に薄くなっていくという傾向があります。これはテストステロンという男性ホルモンが5α リダクターゼ酵素という物質によってジヒドロテストステロンという物質へ変化し、この物質により髪の毛が成長する過程は妨げるようになります。
ですから、男性用の育毛剤にはよくこの5α リダクターゼ酵素の生成を抑制するための成分が配合されています。

男性ホルモンの少ない女性にとって、これは効果の期待できないものですよね。
頭皮や毛髪への栄養成分や血行を改善する成分も含まれているので、全く意味がない訳ではありませんが、こうした成分は女性用の育毛剤に含まれているので、あえて男性用育毛剤を使用する必要はありません。

女性用育毛剤の特徴

しかし女性の薄毛の原因は男性ホルモンではなく、頭皮や毛母細胞の栄養不足や頭皮の乾燥というケースが多く見られます。
そのため女性の薄毛は部分的に起きるのではなく、髪の毛が全体的に薄くなってしまうという傾向があります。

ですから女性用の育毛剤には頭皮の保湿・毛根の栄養補給になる成分が多く配合されています。女性ホルモン様成分や、栄養成分・保湿成分が配合されていて、男性用育毛剤と比較すると低刺激になっています。
男性の薄毛の原因が栄養不足や頭皮の乾燥といったものであれば、当然女性用の育毛剤でも効果はありますが、やはり自分の薄毛の原因をきちんと見極めてから育毛剤を選ぶことは大切です。

男性より皮脂の分泌量が少ないこと・女性の方が肌への刺激に弱いこともあり、男性用によく含まれるエタノールやミノキシジルといった強い刺激のある成分が無添加な商品がほとんど。
保湿をしっかり行うことで頭皮状態を改善し、さらに血行を良くすることで育毛を促してくれる。
これが女性用育毛剤の特徴と言えます。

毛髪で覆われて見えない部位ですが、頭皮も皮膚であることに変わりはありません。
顔と同じように保湿が何より重要なので、女性用育毛剤を使用して乾燥から守り、栄養成分を補ってあげるようにしましょう。

投稿日:

Copyright© 女性の育毛剤 口コミや効果でオススメなのはどれ?【わたしの育毛剤選び】 , 2018 All Rights Reserved.